エコロジカル&ヘルシー

バックアップソーラーシステム「そよ風」とは

屋根下で暖められ棟へあがってくる空気を屋根上に設置されたチャンバーで集め、集めた空気を屋内に設置するリターン口と取り込みファンを経てダクトで床下へ導く、シンプルな仕組みです。
一日中ゆっくり空気が動き、わずかずつ換気が行われ、新鮮な外気がゆっくりと取り込まれるので、健康にも良く、高齢者だけでなく誰にとっても良い温熱環境をつくることができます。
太陽の熱、夜の放射冷却など自然の力をうまく利用し、最低限度の動力だけを使って室内の温熱環境を平準化します。
また、一日中ゆっくり空気が動き、わずかずつ換気が行われ、新鮮な外気がゆっくりと取り込まれるので健康にも良く、高齢者だけでなく誰にとっても良い温熱環境をつくることができます。

気候に合わせた機能を発揮します。

冬には日射があれば温風取り入れ運転、日射がなく寒い時や夜間は暖房循環運転 で家中をほんわりと暖かく保ちます。
夏の昼間は排気・冷風循環運転、夜間は涼風取入運転で高原のさわやかさを家中に広げます。

パッシブソーラーシステム「そよ風」はトモス株式会社の技術です。
詳しくは公式サイトをご覧ください。

土壌蓄熱式幅射暖房システム「サーマ・スラブ」

サーマ・スラブ3つの特徴

経済的な深夜電力だけで実現、目先のやsy差より30年のランニングコストです。

価格動向が不安定な灯油やガスに頼ることなく、割安な深夜電力だけで24時間暖房が可能になりました。
深夜電力は昼間の電気料金の約1/3。ランニングコストを抑えて暖房するなら、深夜電力の活用が一番です。
深夜電力だけで24時間、安定した温度環境を作ることができるのは、次世代の技術、土壌蓄熱式暖房 サーマ・スラブだけです。

温度差のない開放的な家。温度のバリアフリーでヒートショック対策を。

スウェーデンをはじめ欧米で重要視されている温度のバリアフリー。
ヒートショックは部屋の温度差が原因です。
サーマ・スラブなら低コストで全館暖房が実現できます。
20~25℃の輻射暖房だから、一般の床暖房にありがちな低温やけどの心配もありません。
乾燥も少なく床のホコリを巻き上げない、最も理想的な暖房システムです。

自然大地が蓄熱材。空気を汚さない暖房でCO2削減にも貢献。

現在、深夜電力のほとんどは原子力により発電されています。
日中の電気使用(火力発電)を控えて深夜電力を活用すれば、CO2排出量が削減にも繋がります。
また、サーマ・スラブなら新たに蓄熱材を作る必要がないため、余計な環境負荷、建設コストを抑えることができます。
コストを抑え、地球にも優しいサーマ・スラブ。

土壌蓄熱式輻射床暖房システム「サーマ・スラブ」はサーマエンジニアリング株式会社の技術です。
詳しくは公式サイトをご覧ください。

伝統家屋の智慧を現在に活かすスローマテリアル

  • 自然塗料 「柿渋」「リボス」「オスモ」「アウロ」
  • 内装仕上材 「モイス」
  • 自然壁紙 「土佐紙」「漆喰シート」「月桃紙」「ルナファーザー」
  • 左官材料 「珪藻土」「漆喰」「タナクリーム」

2015-12-28_124911-1

Return Top